JUGEMテーマ:モブログ
18日、月曜日に噴火警報予報が発令されました。
13時30分、蔵王町、七ヶ宿町、白石市、山形県上山市、山形市から次々どんどん緊急警報がスマホに入り、緊急のアラームが鳴りっ放し。
東日本大地震以来の心臓がバクバクしました。

実際、地震とは違って緊急地震速報の様にアラームの後に大きな揺れがくることは無く、噴火の危険がありますよって事なんですが。

なんかオロオロしちゃってかなり動揺しちゃいました。
横浜の友人SさんにLINEで励ましてもらって、なんとか落ち着きを取り戻しました。
とりあえず、何かのときに備えて2日分ぐらいの着替えをまとめて直ぐに持って出れるようにしました。
洗顔用具も合った方がいいかも、ヘルメットもあったほうが良いのかも、とうろうろ。

専門家の見解では噴火の規模はそれほど大きくは無い見立てだけれど、こればかりは噴火してみないと分からないものね。

我が家はお釜から直線コースのところにあり、蔵王連邦にまだ雪が残っている時期だと噴火の勢いで融けた雪が土石流となって川に沿って流れ込むらしく、それが住んでいるところまで到達するのかは分からないですが、今の時期はまだ雪が山の上には残っていて、ちょっと油断はできないみたいです。
雪が無ければ下の温泉町まで火砕流が落下するほどの勢いではないようなんですけど、ね。
被害があるとすれば火山灰が落ちてくるぐらいの様です。

温泉街の旅館やホテルではもう300件以上のキャンセルがあったようで、相当なダメージを受けています。
昨日、別荘地の管理をされている方と立ち話をしたのですが、スキー場近くのペンション村でもキャンセルが続いているそうです。

こればっかりはなるようにしかならないわけで…、住んでいる身としては大きな揺れを感じるわけでもないので、普段と同じ。
庭に来る小鳥たちもいつもと同じ、リスも相変わらず庭を右へ左へ走り回って何か自然の危機があるようには見えないです。
やっと春になって来たのになぁ〜〜。

我が家の巨大ふきのとう(笑)

とにかく、デカイ。
3年ほど前に土盛りしたところから生えてきたのですが、草刈の時も刈らずに残してフキの葉も取らずに生えるにまかせたら年々大きく育ちました。
余程環境が良いのかも。
コメント
コメントする