今年一回目の草刈作業をしました!

まだ雑草はそんなに茂ってないけど、クマザサが若くて柔らかいうちに刈っておかないとどんどん増えちゃうのから。
作業を終えて、ウッドデッキの隅に冬に置いておいた紙の小箱を見つけた。
冬にストーブ用の薪にくっついていたカメコテントウムシを入れて越冬させたのを思い出した。
もうすっかり暖かくなっていたので、もしかすると中のテントウムシはひからびてしまったんじゃなかろうか、すっかり忘れていたんです。

おそるおそるふたを開けると
つやつやのメタリックなぼでぃのテントウムシ君が入ってて、指先で少し触ったらゆっくり動いた。

ああ、良かった生きてる〜〜〜。

すぐにトマトの葉っぱの上に乗せたら、トマトの葉っぱの上に付いた水滴を凄い勢いで飲み始めた。
というか飲んでいる様に見えた。
ひからびる一歩手前だったか…。

思い出してよかったーー。


小さいテントウムシみたいに可愛くはないけど、カメムシに比べれば(笑)可愛いですよ。
おひさしぶりです。

ずっと日記書きたいなぁ〜〜って思っていたんだけど、いろいろとどたばたしていました。
久しぶりにPCでブログを開いてみたら、携帯モードになっていて表示の幅がめちゃめちゃ狭く設定されて、なんとも読みづらい(笑)
気分を変えて、レイアウトも新しくしてみました。
過去の出来事も自分用の記録として、残しておこうと思いま〜す。

今年は初めて菜花を育ててみたんですが、6月5日の朝に蕾を摘んで台所で洗っていたら、葉の裏側にモンシロチョウの卵をみつけたので、食べずに(モンシロチョウを)育ててみることにしました。

だいぶ虫食いだらけですが、無農薬の野菜の証です(笑)
よく洗ってごま油で炒めて塩味でいただきます。
甘みがあって美味しいです。

画面向かって右側のぽちっとした白いのが卵です。
日にちの記録をしていなかったので定かではないですが、5日後ぐらいに卵から孵りました。
すんごく小さくて黄色いイモムシが産まれました。
卵は全部で3個、うち無事に孵ったのは2個でした。
1号と2号と名づけました。

さて、どこにいるでしょーーか?


ネットで調べたらアオムシの時代は一ヶ月ぐらいと書いてあったので、6月末ぐらいに蛹になるだろうと思っていたら、早くも5月20日(土)の朝に1号が脱走。
周りをいろいろ探したんだけど見つからない。
部屋のどこかで蛹になられても潰しちゃったらかわいそうだし…。

しばらく探して見つからないので諦めたら、菜花を置いている台の淵にちょこんと。
なんだー、目の前過ぎて気がつかなかった。
直ぐに蛹部屋(虫かご)へ移動させた。

そしてアオムシ君2号は(この子はメス)今朝脱走を始めたので、仮の宿のダンボール部屋に移動。
1号と一緒にしたかったんだけど、もうぱきーーんって体硬くなってたから刺激しない方が良いかなって思ったので百均でもう一つ虫かごを買って来ることにしました。

苦手な方ごめんなさい冷や汗
逃走中の2号。

結局、百均で四角形のすのこと網戸のネットを買ってきて、大型の飼育箱を自作してみました。
ちょうつがいが無かったので、布テープで固定して完成〜〜♪

俄仕立ての割には良い感じです。
さっそく2号を入れようと思ったら、仮のダンボールの中でもうかちーーんと固まっていました。残念。






去年は産直野菜に付いていたアオムシ君を育てたんだけど、寄生虫に寄生されててグロイ感じになっちゃってショックだったわぁ〜〜。
今回は卵からだから間違いなくモンシロチョウになるよね。


 
 今朝、5時50分頃ダンボール箱を覗いたらキアゲハが一頭無事に羽化していました。
キアゲハ7
昨日の夕方、お隣の姉妹がやってきて、先日遊びにきた男の子のお友達にあげたキアゲハが朝無事に羽化できたことを伝えてくれました。

そういえば、うちのはまだだね〜、などとと話をしていたら…
キアゲハ8
今朝見たときより、蛹の色がすごい濃くなっていました。
羽の模様がわかります!

姉妹と一緒に覗き見ていたら、急にぶりぶり動き始めて、今にも羽化しそうな感じでした。
でも、時間は夕方5時頃だったので、こんな夜になろうとする時間帯に羽化するのかな〜〜と首をかしげておりました。
姉妹はしばらくダンボールの前で蛹を観察してましたが、時間も時間なので、羽化したら電話するねーと言ってこの日はサヨナラしました。
このときすでに夜の6時近く。

それから蛹はずーーーっと、ぶりぶり激しい動きを見せるものの出てくる気配がありません。
もう夜の8時過ぎだし、お風呂に入りたいし、ご飯の用意もしなきゃいけないから、あきらめて(どうせ朝には蝶になってるだろうーと思い)観察するのをやめました。
もう、外真っ暗だし(笑

そして今朝、起きてすぐに箱の中を確認したら無事に蝶になっていました♪
良かった〜〜、あまりに激しく動くから殻が破れなくてもがいているのかしらーと思っちゃいました。

すぐ、姉妹のおかーさんにメールを入れたら、カメラを持って蝶を見にやってきました。
ワタシはお弁当作りやジャズじいの朝食の用意があるので、勝手に見て帰っていきました(笑
夏休みの日記に書くそうです☆
ワタシも日記に書くわ〜〜♪

それからキアゲハはしばらく飛び立つ様子も無く、じっと箱の中でもじもじしていました。
昨日の蛹のときの暴れぶりがウソのような慎重派です(笑
あのぶりぶりの動きは「ばかやろぉ〜〜早くでたいぜーー」くらいな動きでしたよ〜〜。

あ、動画アップできるみたね
してみるか…。
あ、出来ないって(笑
現在新規登録受け付けてないみたい。残念。

洗濯をして掃除機をかけていた9時過ぎ頃に、箱からパタパタと舞い上がっていくのが見えました。
すぐに外に出て姿を探したら、まだ近くの茂みにいました。
風がすごく強かったので、風にあおられて飛ぶのがうまくいかず近くをヨタヨタしながら、葉っぱから葉っぱへ飛び移って
キアゲハ6
萩の葉に止まるもびゅうびゅうあおられて、必死に葉っぱにつかまっていました。
キアゲハ5
この後突風に飛ばされるようにひらひらと危なっかしい感じで空へ飛んで行きました。

世界は広いよ。
がんばってね〜〜!

さて、もう一頭の蛹さん。
まだ色が変わらないけど…大丈夫かな?
2日前にチェックしたときに寄生バチのアシブトコバチが蛹にしがみついていたんだよね…。
すぐに追い払ったけど〜〜〜。
やだなぁ〜〜、寄生されてたら。

でも、アシブトコバチもけっこうかわいいんだよねー、ははははは。



 なんだか、また偏頭痛がやってきちゃいました。
肩こりからくるんですけど、コリホグスが全然効きません(涙

しばらく無かったので、久しぶりにキツイです。

お天気が雷続きだからなのか、湿度80パーセント越えの日々の生活が体調不良を呼んでいるのか、まぁ、多分ご婦人特有のホルモンバランスの乱れるお年頃なのが原因なのは分かっています。
とほほほ…。

なーーんも、できませ〜〜〜〜ん。

ずんずん痛む頭を抱えて、洗濯をするのがやっとでしたが、アクセサリーパーツの整理をして過ごしました。
ああ、しんど…。

昨日遊びに来た男の子たちが「見たい〜〜」と言っていた
『ルリボシカミキリ』が朝いちで網戸にやってきてました。
ルリボシ1
去年、沢山写真を撮ったんだけど、パソコンがクラッシュしちゃって画像が消えちゃったから、今年も彼らに会えて写真を撮らせていただいて嬉しいです。
とても美しい水色の昆虫です。
足は靴下はいてるみたいに水色と黒に色分けされています。

もう一匹は蛹を入れたダンボールに止まっていました。
夕べ雨が降ったからここで雨宿りして夜を明かしたのかもしれません。
ルリボシ2
こちらはダンボ−ルにいた子。
ネットでオスメスのペアで5000円で取引されたこともあるそうです。
卵は産むそうですが、卵から幼虫の飼育に成功することがないそうです。
数がずいぶん減っている日本固有のカミキリムシなので、できれば自然のままにしておくのが良いのになぁ〜とワタシは思います。
倒れた広葉樹のみを食べて成長し、生きている木を食害しないので、人間にとっては人畜無害な虫なのです。

そして、おちびちゃんキアゲハは昨日の夕方、無事に前蛹になり、
最後の一頭
フェンネルの鉢に枝を突き刺してあげました。

今日の夕方、無事に蛹になりました。
さなぎ
枝で蛹になったので、こんがり色の蛹になりました。
この子は先に蛹になった子より成長が早い気がします。

後は羽化を待つばかり。
お盆明けぐらいになるのかな…。




 今朝も朝から雨降りで、どんよりしています。
晴れ間をみてわんこの散歩に出かけていますが、散歩から戻ったとたん雷雨で滝のような雨です。

昨日、キアゲハの一番小さい幼虫が4齢から5齢に脱皮しました。
kiageha3
右が脱皮したての子。
左は兄さん幼虫(笑
葉っぱを食べに移動したいのに、兄さんが威嚇するので、どうしよう〜って感じでした。
下のほうに移動してあげたら、勢い良く葉っぱを食べ始めました。

兄さん幼虫たちは今日の午後から蛹になる場所を探し求めて、餌場から出て放浪しだしました。
キアゲハ4
餌場

5匹いたうち、1匹はもうどっかにいなくなっていました。

キアゲハ1
他の兄さん幼虫は作業場デッキの手すりを上っていたり
キアゲハ2
車庫の前を転げながら、森のほうへズンズン歩いている子や

蛹になるための安住の地を捜し求めていました。

そのまま自然に任せようかな〜〜とも思ったんだけど、
寄生ハチや鳥もいるし、夕方にまた雨降るし…
無事に羽化させたい…
ので、今回も蛹部屋となるダンボールの箱を用意して兄さん幼虫をポイポイ格納しちゃいました。

前回同様、洗濯ネットでふたをして体を固定できるように枝を数本入れてあげました(笑

つい先ほど夕方5時過ぎに中を確認したら、それぞれに蛹になる準備段階の前蛹に変化していました。
明日中には蛹に変わるでしょう。
羽化は2週間後かな。

夏のキアゲハ、楽しみです♪



 今朝6時半ころの気温は11度!!
寒いよぅ〜〜。

毎朝、おべんとうを作り終わった後、畑を回って作物に付いているカメムシなどを『テデトール』で駆除しています。
素手ではなく、割り箸でつまんで灯油を入れたビンにほいほい入れていきます。
有機無農薬農法の本に書いてあるとおりの事をしています(笑

今朝は寒いので虫の動きが鈍くて、カメムシさくさくつまめました〜〜。

手前の畑から、一坪畑アネックスに移動して、インゲンマメの葉の裏をまんべんなく見ていたところ、見慣れないイモムシが葉裏に丸くなってくっついていました。
葉に食跡があったから、これは駆除対象だな、と思いながら割り箸でイモムシをつまんで見たら…。
いもくん1
え?
割り箸にしがみついて、じっとこちらを見ています。
カメラを片手でズームにして、イモムシの顔をよく見てみたら。
おおおおおおおおおお〜〜〜〜!!!
いもくんうしろ
「ネェ、コロス?コロスノ?」
と言ってる風にワタシの脳みそは感じる。
いもくん3
か・・・かわいい♪

なんなのーーーーー!おまへは〜〜〜〜、かわいいじゃないかー!!!
いもくん2
うしろすがた。

かわいくて駆除できなかったので、
インゲンマメの棚に戻しました…
いもくん4
「アリガト〜〜〜、バーイバーイ」
という風にワタシの脳みそには映っている(病

さっそく愛用図鑑「イモムシ・ハンドブック」をぺらぺらめくって特徴の合うイモムシを探すも、載っていない。
ということは、蝶や蛾の幼虫ではないということか〜〜。
ネットで検索をしたら、オオコシアカハバチの幼虫ということが判りました。
ハバチ?????
普通のハチと違って単独行動をするまた違った種類のハチの様です。
だって、ねぇ、普通ハチの幼虫ってハエの幼虫に似てますもんねぇ〜〜〜(汗
こんな可愛くないですもん。

このイモムシくん、ネットで名前を検索すると、この愛らしい風貌からムシ好きの方たちの中でアイドル的な存在であることがわかりました(笑

イモムシって嫌いな人多いですけど、顔をじっと見てもらうと可愛さがわかるのになぁ〜〜〜って思います。まあ、顔じゃなくて体つきがキモチ悪いのか、いや、それ以前にムシそのものがダメなのか。

そういうワタシも基本、ムシには直接触ることはあまりないです。
見て写真に撮って楽しむ方です、はい。
ゾウムシは可愛くて触りますけど、ははは。

同じ日に見つけた
大型ゾウムシ
しろこぶくん
シロコブゾウムシ
萩の葉の間に(葉を食べてる?)いました。
太い脚が魅力的です♪

さて、お山はやまゆりが真っ盛りでございます。
やまゆり1
こんなに花を付けるんですね〜〜
yamayuri
つぎつぎどんどん咲きます。

一歩外に出ると香りがそこらじゅうに漂っております。

へっくしょいっ〜〜でございます。

1